お問い合わせバナー
お問い合わせバナー

リフォーム

リフォーム

耐震診断の流れ

耐震診断の流れ

皆様から寄せられるよくある質問

Q.耐震診断を受けた方がよい建物とは?

答え画像

特に、昭和56年5月以前に着工した建物は、現行法よりも耐震性能が低い旧耐震基準で建てられており、十分な耐震性能が無く、予測される地震が起こると倒壊の危険性が高いといわれています。

Q.事前に自分自身で簡単に耐震診断をする方法は?

答え画像

(財)日本建築防災協会のHPの「誰でもできるわが家の耐震診断」を検索してください。インターネット上で簡易的に診断できます。まずは、これを使ってわが家の耐震診断をしてみましょう。その結果によって、専門家による診断が必要なのかどうかがわかります。

Q.耐震診断の結果、問題が見つかった場合は?

答え画像

診断後、大まかな補強工事案をご提案します。必ずしも耐震工事をしなければいけないということはなく、ご家族でじっくりご相談、ご納得いただいた上でご依頼ください。まずは、ご自宅がどういう状態なのかを知るということが、地震に備える第一歩です。

費用の目安

ケース01

(工事費用)
15万円
(工事内容)
キッチン入れ替え工事
(ポイント)

地震後戸建住宅の外壁修理をした後についでにとしてキッチンと床・壁の張替工事をご依頼頂きました。

画像01
画像01

ケース02

(工事費用)
25万円
(工事内容)
外壁修理工事
(ポイント)

地震の影響で外壁のモルタルがはがれ落ちるほどの損傷

画像01 画像02

ケース03

(工事費用)
350万円
(工事内容)
マンション外装工事
(ポイント)

地震と台風の影響で外壁・屋根等を損傷し外装全般の工事

画像03
画像03